音楽教育の必要性について

小学校に上がれば音楽の授業がカリキュラムに含まれているので、子供達は自然と教育としての音楽を学ぶことができます。
しかし、学校の科目として取り入れられているのはなぜなのでしょうか。
人は生まれる前から母親のお腹の中で様々な音を聞いて育ちます。
生まれてからは両親の話す言葉や、雨や風など自然の音を耳にします。
このように人は音と共存して生きているのです。
単体である音が曲となり、色々な楽器が奏でる音色を聞くことで感受性が豊かになり想像力が生まれます。
また、有名な作曲家達の曲を聞くことで感動する心が生まれます。
オーケストラなど上手な演奏者が奏でる音色には、人の心を動かす力があります。
質の高い芸術に触れることで感動する心を学び、人間性を高めることができるとです。
このため、人間性を高めるのに大切な時期である小学校で、教育の一つとして組み込まれているのです。
最近ではポップスなども授業に取り入れられていて、音楽を身近なものとして学ぶことができるようになっています。

Copyright(c) 教育 音楽 All Rights Reserved.